2012. 01. 24  
昨23日、男子テニスの4大大会の一つ・全豪オープンで、錦織選手(世界ランク26位)が、ツォンガ選手(世界ランク位・フランス)を3―2のフルセットマッチで破り、なんと男子テニス80年ぶりの「4大大会ベスト8」入りを達成した。喜ばしいことである。

ラグビートップリーグでは、 22日「全勝を続けていたサントリー」を「3位の東芝」が、終了間際の79分に大逆転トライをあげて、東芝21-18サントリーの勝利を飾った。
このゲームのスタッズは、下記のとおり。
     
     東  芝             サントリー
     
      21      スコア      18
       3      トライ        0
       3    コンバージョン    0
       0      PG         6
     11/12     ラインアウト    6/9
       5    ターンオーバー    9
      10     ペナルティ      9
      10    タックルミス     18
      17   ハンドリングエラー  11

東芝が、後半63分にサントリーに6本目のペナルティゴールを決められ、7-18とリードされてから、70分、79分と全員一体となった連続攻撃で、トライ、ゴールをあげて、逆転したのは、
素晴らしかったが、東芝のハンドリングエラーが17、サントリーのタックルミスが18、という数字が示すとおり、まだもう少し、
双方の精度をあげたラグビーを目指して欲しいものである。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
過去記事:(28)
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR