2012. 01. 27  
前日の「実際アドバイス」は、だいぶん古いところもあるので、最新版的には、どのようなところに留意しているかも含め、補足しておこう。

a.タッチフット については、最近も書いているように、「タッチラグビー」(グランドは、ユニオンラグビーの半分、人数は6人対6人、タックルなし、その分、スピーディで、ユニオンラグビーのムーブに参考となる動きを習得出来る)を取り入れることを推奨している。

b.ディフェンスについては、「4トップの詰めディフェンス」を推奨している。特に、第一次のディフェンスから練習し、ディフェンスで押し上げていき、ディフェンスでトライとることを狙うように勧めている。

c.ウエイトトレーニングについては、コンディショニングコーチとラグビーコーチの入念な調整で、時間的に最も効率の良い
身体づくり」を推奨している。

注意事項に書いてあることは、非常に重要。よく読んで理解してほしい。

もっと具体的に言えば、たとえば、リップの形を練習している場合、多くのプレーヤーは、そのリップに入る味方の向うに敵がタックルに来ていることをイメージしないで、カタチだけやっている場合が多い。これは「悪い癖のつく練習」、すなわち実際にゲームでは、敵の勢いに負けてリップさえ出来ないことがある。やはり、味方の向うのをも、しっかり押し込めるよう、を当てて押し込みながらリップすべきであると、教えるべきであろう。

また、今のプレーヤーに、新しいムーブを教えようとすると、すぐ「ディフェンス付けてよろしいか?」と言う。何故かというと、ディフェンスをつけないと、うまく行ったかどうか分からないからと
言う。本当にそうだろうか?
新しいムーブを習得するには、ディフェンスが居ないところで、一人一人の動きが正確に、また良いタイミングで出来ているかどうかを、 徹底して極めることが必要ではないのか?
それをしない内に、ディフェンスをつけると、敵を意図的に動かしスペースを創ることなどが出来ず、結局成り行きでやることになる。また、ディフェンスの動きに惑わされて、本来の正確な動きを忘れ、タイミングも狂って正しく出来なくなり、これはやっぱり難しいと諦めてしまうことになりかねない。留意すべきことである。

要するに、「練習の何が重要なことか」が抜けた練習は「悪い癖のつく練習」であり、こういうことに拘って練習させることが、プレーヤーのスキルを伸ばせる大きな要因になるのである。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
嬉しいコメント
NEW Topics
㊻:ラグビージャパンの足跡
㊺:ラグビージャパンの足跡
さらに、コメントあり
㊙コメントあり
㊹:ラグビージャパンの足跡
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR