2012. 01. 27  
イヤー、ブログを読んで頂いて、理解できたかどうかが、本当に気になるところ、、、そんな時に、S氏から嬉しいコメントを頂きました。

<S氏コメント:勉強になりました。 なるほどぉ、と思いました。
AT練習において、 新しい動きや、 既存の動きを裏表の動きに
発展させようとする場面で、DFをつけるか、つけないか、についてですが、私の考え方としては「試合の中でATする時に、DFがいない場面はない」と整理しておりましたので、DFをつけて確認することの方が、効果的であると考えていました。
しかしながら、横井さんの話にあるとおり、まずはDFなしで、DFに影響されることなく、一人ひとりの正しいポジションニング、動きを整理し、何を目的に取り入れたのか、狙いは何か、を明確にすることで、そのATを何のためにやっているのか、を最初に整理すべきだと感じました。
その動きが、DFのいない状態で正しくできるようになってから、
DFをつけて実践的な動きへ発展させるべきことの方が、重要で
あると感じました。(どのようなDFに効果的、も考慮して、、、)
ありがとうございました

このように、反応して頂けると、また話を拡大することが出来ますので、ドンドンお願いしたいものです。

なお、上記の件に関しては、もう一つ、今のプレーヤーは、ゲーム機などで、ビジュアル化に慣れている筈なのに、このように、
「ディフェンスなしで、ディフェンスイメージするということが、不得手のように思われます」だから、自分で「何処で捕まりそうか、もし捕まったら、どうすることにしよう?」ということが、事前に考えられない。それ故、実際のゲームでも、「捕まってから、どうしようと考える」、 これでは、「成り行きプレーにしかならない」ということなのです。
そうじゃなくて、たとえば「を抜くには、まずに走って接近し、当たる直前にフェイントをかけてズラシ、でサポーターに渡すということを、初めから考えてプレーすることが、もっと上等なプレーのやり方なのです」

この初めから考えてやる、そしてその動きが自分で正確に出来ているかどうかを感じるには、目の前にディフェンスが居ない方が確認し易い筈だということです。プレーヤーに、やらせてみて下さい。よろしく、、、

 
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
過去記事:(30)
NEW Topics
⑦:アタックについて
⑥:アタックについて
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR