2012. 02. 02  
さる1月21日、世界的なデザイナー「石岡瑛子」さんが、亡くなられたそうである。
彼女は、日本で優秀なグラフィックデザイナーとしての地位を築きあげながらも、40歳になった時に、さらに挑戦したいと、単身アメリカのニューヨークにわたり、デザイナーとして模索している間に、ある映画監督に見出され、映画の美術デザイナーを担当この面でも才能を開花させてアカデミー賞、グラミー賞、カンヌ芸術貢献賞などを総なめにし、世界にその名を、轟かせた。

71歳になった一昨年にも、舞台の超大作「スパイダーマン」の
芸術監督として活躍しておられたのに、残念なことである。私が感心したのは、彼女のプロとしての信念である。
Original:誰にも真似出来ない
Revolutionary:革命的な
Timeless:時代を超える
ものを求め続け、自分のすべてを燃やし尽くした人生であった
という。見事というほかない。見習いたいものである。

丁度、明3日午前零時15分から、NHKで追悼番組「プロフェッショナル」が放送されるということなので、是非、観られることをお勧めします。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
過去記事:(31)
NEW Topics
③:コンタクトを楽しむには、、、
②:コンタクトを楽しむには、、、
早速、コメントあり
①:コンタクトを楽しむには、、、
⑫:BKの基礎スキル
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR