2012. 02. 08  
前日の「実際アドバイスⅣ」は、だいぶん古いところもあるので、最新版的には、どのようなところに留意しているかも含め、補足しておこう。

9.キック合戦については、最近、プレーヤーが、グランドのどの位置に居て、どういう役割を果たさなければならないかを、常に自分で考える癖をつけさせるためと、キックという前へパスが出来るという効率的武器を使って、陣を進め、トライを狙うということが考えられるように、練習する方法である。
また、このように、を使うことを、7割くらいのスピードでやり、アップの代わりにする、或いは、このキック合戦をトップスピードで、連続的にやり、フィットネス練習にも役立てるなど、色々な活用の仕方がある練習方法である。

10.BKとFWに分かれての練習。については、「どのような意図を持ち、身体をどのように動かせて、そしてボールをどのように扱ってプレーをするか」を事細かに書いてあるので、参考にして頂きたい。 
特にAA.接近戦でのパスくだりなどは、最重要ポイントである。そして、このようなことを、二人以上で、連携して出来るようになれば、大変有効である。

また、サポート体制として、「立体化せよ」といっているのも、大いに参考にして貰いたいことである。

このように、いずれも「あたり前」のことが書かれているだけだが、指導者の皆さんは、自チームのプレーヤーがミスをした場合、「なぜミスをするのだろうかと探る際に」この辺の記述をチェックして貰うと、修正ポイントを見つけ出せることがあるかも知れないですね。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
過去記事:(33)
NEW Topics
④:コンタクトを楽しむには、、、
③:コンタクトを楽しむには、、、
②:コンタクトを楽しむには、、、
早速、コメントあり
①:コンタクトを楽しむには、、、
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR