2012. 02. 14  
イヤー、お久しぶりです。ここ3週末、あちこちアドバイス行脚しておりますと、「究極シャローディフェンス」に挑戦してみようと、頑張ってくれているチームがありました。本当に、頼もしい限りであります。

それが、ルールも変わり、今の若者の身体、および身体能力も変わって仕舞っている中で、可能かどうかは、今後の鍛練の結果を待たねばなりませんが、少なくても「この目論みは、絶対に無駄にならない」どころか、もしも、最終的に難しくて完成出来なかったとして、もとのディフェンスシステムに戻したとしても、
前へ出れるディフェンス」「肩で低くタックルできる」という物凄い効果を手に入れることになると、確信しています。

そして、もっと凄いことは、今の若者が「100%以上の力を出し続けようとする」「身体を張った究極のコンタクトプレーに、挑戦し続けるを持つ」ということであり、ラグビーをやろうとするものにとっては、一番重要な「」が鍛えられることになり、これが出来れば、ディフェンスのみならず、アタックにも、またラグビー全般に対して、「全て前向きな姿勢で、やろうとすることが出来る」のではないかと、思っております。
(但しこれは、誰でもやらせられる事ではなく、高校生高学年レベル、しかも日常身体をしっかり鍛えているチームでないと出来ないので、留意のこと)

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
今後のテーマについて
NEW Topics
⑬:アタックについて
⑫:アタックについて
更新遅れ、お詫び
⑪:アタックについて
⑩:アタックについて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR