2012. 02. 16  
昨日、良いを聞いた。人はふとした他人の言葉に啓発されて、素晴らしいことが出来たり、「座右の銘」にしたりするものである。聞いた話も、シチュエーションが長いので手短かにいうと、あることに思い悩んでいた人が、サハリンでタクシーの運転手が、道なきところを難儀しながら案内してくれるのに「大変だね」と声をかけたところ、「決まった道はない。ただ行き先があるだけだ」とこともなげに答えられたことから、なるほど「大事なのは、行き先を見失わずに、どうすればたどり着くかを考え実行するだけだ」と悟った、という逸話である。

私も、「日本オリジナルなラグビーの創造」を掲げて、頑張って
いるわけだが、「何時まで生きていられるか?に悩むことなく」
「どこまでに、何が出来るのか」、「当面の2019年のワールド
カップ日本開催に向けては、どうなのか」につき、考えやり続けなければならないと、再確認した次第。

あたかも、私が空気吹き込んでいる「岩淵君」がゼネラルマネージャーになったり、U20や、高校日本代表の指導者にも接触したりして、啓蒙しており、今後も側面支援を続けていくつもりである。

ついては、全てのラグビー指導者の方々も、その立場持ち場で、全力をあげて「日本のラグビーの再構築」に力を注いで頂きたいと、願うものであります。よろしくお願い致します。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
みんなが考えて
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR