2012. 02. 29  
ラグビーという、大変奥深いものを、文章で書くということの難しさ、そして今、現場で実際に現代の若いプレーヤーを教えている人にしか分からない「指導」の難しさを知って、書いているつもりであるが、それでもいろいろ誤解があるようである。
特に、現代のラグビーを否定しているわけでもなく、また昔のラグビーのは、現代の若者を教えるには役に立たないことも、ちゃんと私のブログに書いてあるのだが、それでも、以下の変なコメントが寄せられた。

通常は、どういうチームを指導しているか、はっきり告知してくれる人にしか的確にアドバイス出来ないので、それがない人には返信しないのだが、今回は「誤解」をしている人が、他にもおられるようなので、出来る範囲で一言コメントを返しておこう。しかしこれ以上、こんな紙面論議するのは無理なので、どうしても
議論を続けたい人は、全国行脚しているので、私をどっかで
捕まえて、現場での「議論」を、やりに来て下さい。よろしく、、、

<名無し:否定する見解ばかりでなく肯定する見解はないのでしょうか?
<名無し:それだけ日本ラグビー界の現状が重症ということでしょうか。しかし、否定が多く、いいプレーは持論通りというのは違和感があります。 最近はそれも含めて横井ブログを楽しんでおりますが、これからも楽しみにしております。GO YOKOISAN!

<横井回答:否定しているとは、何を否定していると捉えられたのか?具体的に言って貰わないと分かりませんので、回答
しようがありません。なお重症であるのは確かです。>

<名無し:横井さんのブログを読んでいると、日本のラグビーに明るい未来はありませんね。監督がエディージョーンズになっても、そうゆうプレーができているのが外国籍選手である以上、代表のレベルはよくて現状維持ですね。>
<N氏:日本最高峰の戦い。本当によい試合だったと思う。 特にサントリーのアタッキングラグビーは日本が目指すべき 方向性を示した。外国人選手しかトライしていないというのは、 外国人選手の能力が高いから。日本選手がそれに追いつくよう レベルアップすれば良い。横井さんは何故堅くなに否定をされるのでしょうか。 あなたの時代のラグビーと比較し、格段にレベルの高いラグビーに対して、そこまで否定的な意見を言われると、なんだか寂しい気持ちになります。サッカーのメキシコ五輪銅メダルを獲得した選手達は、昔話を持ち出すようなことは一切しません。本物は昔を語りません。ちょっと見苦しい。

<横井回答:私はプレーオフ決勝戦や、両軍の戦い方を否定しているわけではない。私の理想のラグビーは「ノーラック、ノーモールのつなぎまくるラグビー」であることも書いているが、それが確実に出来なければ意味がない。故に現状では、ラグビーの
ゲームは、自チームが、出来ることやり遂げて、勝てば良いと言っている。ただ、あの試合の事実から、日本人プレーヤーの育て方問題はないのか?と言っているのである。故に、日本代表の監督にエディージョーンズがなって、うまく教えてくれることには期待しているが、生易しいものではないなと、思っている。
なお、前段に書いたように昔話を持ち出すとは、どういうところを言っておられるのか分からんが、また私の時代より、アタックについては、高いレベルとも思っていないが、私は現場に戻って
11年間、いろいろな現場をみて、いろいろな失敗からも学んで、今のルール、今のプレーヤーに適合して、一番良い方法を考え、提案している。どこの誰かも分からん人に「見苦しい」なんて言われる筋合いはない。それこそ、聞き苦しい話である。>

<W氏:ご指摘もっともだと思います。選手自身の意識の低さからなのか、真後ろからではなく、横でボールをもらい相手を抜きたがる意識が高いと思います。しかし、現在のラグビーではディフェンスのレベルが高くなり、そう簡単に人数が余って横で抜くことが難しくなり、相手のミスとか、ターンオーバーなどの際に縦につくことからの得点が多くなっていると思います。今回の決勝はいい例になりますので、この映像を参考にして選手の意識改革にはつなげていけるのではないかと思います。理想を言えば、多くの試合から意味のあるシーンを抜き出して、繰り返し選手に見せるなどの地道な活動が大切だと思うのですが、できていないのが実際です

<横井回答:本当に、現場で苦労されておられる方は、このように理解出来る筈。参考にして下さい


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
②:現代の練習の変?
NEW Topics
㊻:ラグビージャパンの足跡
㊺:ラグビージャパンの足跡
さらに、コメントあり
㊙コメントあり
㊹:ラグビージャパンの足跡
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: いつも見させていただいております
御質問ありがとう。君の質問の前にDFの質問も来ているので、順番お待ち下さい。よろしく、、、
Re: No title
W氏の「解説ビデオ」の提案、誰か企画してくれれば結構ですが、、、
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: いつも見させていただいております
O大学ラグビー部のYさん、「キック戦法」についての回答がまだまだ遅くなりそうで、申し訳ないので、あなたのパソコンメールアドレスがあれば、㊙コメントで「アドレスを記事に書いて送って下さい」そうすれば、とりあえず、やり始めるべきことと、ゲームマネージメント案を送ります。よろしく、、、
また、某国立大Mさん、ディフェンスの記事を書き始めましたが、これも長くかかりそうなので、同じく「アドレス」を㊙コメントで送ってもらえば、とりあえず、資料などを送ります。よろしく、、、
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR