2012. 03. 15  
さてMさん、だいぶん前に質問を頂きながら、お待たせしました。今日からディフェンスについて、話を進めましょう。

<某国立大学M氏:わたくしの大学では、去年からシャローディフェンス、特に最初は相手の外側に立って、そこから内側に向かって走っていくシャローディフェンスを採用しています。その際、
アタック側がスタンドやセンターのすぐ横にFWやフルバックを
入れてくるプレー、 いわゆる二列目(またはエキストラのプレー
ヤー)を使う攻撃をしてきた場合、これを守る方法としては、一つ外側のプレーヤーが内側に一つマークをずらす(例:スタンドの後ろからFWが顔をだしてきた場合は外のセンターのプレイヤーが一つ内にずれる)ことしか無いのでしょうか?
シャローディフェンスは全速力で走りながら、ノミネートした相手に向かっていくディフェンスであるため、アップする過程でマークをずらすのは、難しいという意見がチームで出ています。僕らの能力が足りないだけなのでしょうか?それともほかにいい方法があるのでしょうか?お答えいただけると幸いです。
また、そもそもシャローディフェンスを、相手の外側に立った状態から行うというのは、あまりいい方法ではないのでしょうか?
基本であるインサイドショルダー、つまりは、内立ちの状態から
行ったほうがいいのでしょうか?そのあたりも併せてお答えいただけると幸いです

上記のように、ディフェンス(以下DF)についての質問を貰った。私は、DFについは「出来る限り前に出ること」だけは推奨して来たが、そのシステムについては、今のプレーヤーが、小さい時からやってきたDFシステム、及びDF練習の癖があるので、「昔の人間」が「原理原則はこうだから、そうしろ」と言っても、今の
プレーヤーにすぐ出来るとは限らないし、またそのやり方が今の現場では、効率的だとは限らないと思う。故に、私の推奨策が
できるかどうか判断」が必要であり、それは今の現場指導者が一番わかっていることなので、私の推奨策は無理じいしないことにして、それぞれのチームのやり方に、任せている。

しかし、日本では私の推奨する「前へ出るDF」の考え方が、おかげでだいぶん浸透し、世界のラグビーでも、その傾向になってきて、DFの出足は年々早くなっているようにみえる。
先日シックスネーションズのアイルランドフランス戦でも、前半12分、フランスのラインアウトからBKラインに回したアタックに対し、アイルランドのDFが揃って前に出て、オープンウィングが敵のパスコース入ってインターセプト、そのまま先制トライをしたことがあったというのも、その良い例である。

そこで、高校、大学レベルで行なえるであろう「セットスクラムからの第一次のDFシステムに限定した推奨策」、またそのDFシステムをやることによって、従来より一つ多くのDFシステムを増やすことが出来、また、それをやることにより、個人のDF能力伸ばすこともできるものを、提案してみよう。
この続きは、また明日、、、


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
②:DFの質問に答えて、、、
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR