2012. 03. 21  
さて、何故前日のようなDFを推奨するかと言うと、まず、数を揃えて前へ出られる第一次DFで、勢いよく前へ出てタックル
すれば、大きい敵でも倒すことが出来、差し込める。
(エネルギーは、「重量×速度二乗」であり、小さくてもスピードの二乗が効いてきて、エネルギー大となるため。また「ATする者はボールを受け、DFをかわし、ボールをパスするという3っつの作業が必要だが、DFする者はタックルだけを考えればよい」わけだから、DF絶対有利のため)
そして、ゲインラインより前で敵を倒せば、その時点でオンサイド人員はDFの方が多くなり、次のDFでも優位になり、また前へ出られる。すなわちDF前へ進むことが出来、さらに人数優位でもって、ターンオーバーさえも狙える状況に導くことが可能になってくる。

また、この前へ出る「出足」に拘り、このDFをやっていれば、自然に「前へ出るDFの練習」ができ、また「ある程度の早さでの左右への対応力培われる」ことになり、一対一DF能力も格段に進歩して、一石二鳥にも三鳥にもなるのである。

すなわち、現状では、第一次は「アップドリフト」第二次以降は
ピラーDF」をやり、この第二次以降のDFで、敵との人数の差の状況により、3種類のDF(詰め、流し、アンブレラ?)をやる
チームが多いようだが、上記の推奨DFをやってもらうと、この
「アップドリフト」の「アップ力」が磨かれる上、また、立つ位置を
「外肩」にして出足トップで真っ直ぐ出るという方法をやっていると
自然に「左右への対応力」の進歩もあって、個人のDF能力の伸長につながり、これが今様のDFシステムの能力をも伸ばすことになるのであって、決して無駄にはならないのであり、是非とも
このDFをひとつ加えることを、お勧めするものである。

さて次は、Mさんの質問にある、この「ドン詰めDF」をやった時にAT側が、エキストラマンを入れてきた時に、どう対応するのかについて、明日に解説しよう。
また、Mさんからは、下記のこんな丁寧なお礼が来た。

<Mさん:読ませていただきました。丁寧に答えて下さって本当にありがとうございます。やはり基本的には外肩合わせをすべきなのですね。 練習方法に関しては、国立大学であること、また
例年悩まされる部員不足で苦しんでいる状況で時には7、8人で練習をしないといけないこともあり、日々幹部で悩んでいます。横井さんのくれた答えを基に、知恵を絞らないといけないと思っています。 FWの動きに関しても言及してくださり、とても参考になります。 私のような1大学生の質問に答えていただき、本当にありがとうございます


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑥:DFの質問に答えて、、、
NEW Topics
⑦:アタックについて
⑥:アタックについて
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR