2012. 04. 27  
先日「キックの使い方」につき質問したY君から、お礼のコメントが届いた。

<Y君:攻撃的なキックのアドバイスありがとうございます。 首脳陣で話し合って、僕らのチームに、がっちりマッチしていけるようにしていきます!
ここで話す話ではないかもしれませんが、DFの質問をしていた方は、僕が
高校の頃のライバル校の人で、今も同じリーグに属しているライバルチームの人です!
そして僕も将来、地元で体育の教員になり、母校でラグビーを教え、花園で正月を越すのが夢です!母校はT県のJH高校です。横井さんのブログで
これからも、ラグビーの勉強をして、夢へと近づいていこうと思います!
また、今年のО大学ラグビー部では、横井さんの考えるラグビーを、僕達に合う形で取り入れて、頑張っていきたいと考えているので、応援していただけたらなと思います。О大学ラグビー部のホームページも更新していますので、よろしければ、ご覧になってください! 本当に、ありがとうございました!

イヤー、DFの質問をしてきた人のライバルだったとは、、、お互い切磋琢磨して、日本のラグビーの底上げに力を注いでください。本当に、このような人々が「火種」となって、日本中に「日本オリジナルラグビー創造」のが燃えあっがっていくのが、私の望みなのです。

また、「キック編」について、こんなコメントも来ていた、、、

<D氏:②膝より上にあがってきても、回転が不規則で捕りにくいと思ったら、手を出さず、腹や胸で前へ押し出して、次の膝上に来た時に捕る、③高くバウンドしたり、手で捕れないと判断された時は、ヘッディングするなど、身体にあて前に進める、とありますが、これはノックオンの反則となると思います。間違っていたら申し訳ありません

横井回答:腹、胸、頭などはノッコンにはならないと思いますよー、、、

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
①:ボールの捕り方について
NEW Topics
⑥:アタックについて
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
②:アタックについて
Comment
No title
IRBルール(日本語訳より)
定義: ノックオン

ノックオンとは、プレーヤーがボールを落としボールが前方へ進む、または、プレーヤーが手または腕でボールを前方へたたく、または、ボールがプレーヤーの手または腕にあたってボールが前方へ進み、そのプレーヤーがそのボールを捕りなおす前にボールが地面または他のプレーヤーに触れることをいう。
「前方へ」とは、相手側のデッドボールラインの方向へ、という意味である。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR