2012. 05. 17  
北海道アドバイス行脚を、ようやく終えた昨晩、家に着いて「質問コメント」は来てるかなと、期待してブログを開けたが、来てませんでした、残念。そこで、北海道からの「御礼のメール」を紹介、、、

まずは、じっくり時間があったチーム(実質3日間程度だが、、、)
<O君:本日まで4日間、ご指導ありがとうございました。今回教えて頂いたキック中心のオフェンス法は、私が一年生の時に教えて頂いたものとは、
その考え方が異なり、とても攻撃的かつ柔軟性に富んだもので、これならば敵の〇〇相手にも、十分に戦えると感じました。まずは、今回教えて頂いた事柄を、もう一度確認し、しっかりとまとめて、皆が共有できる形にしたいと思います。
私をはじめほとんどの部員はこの戦法で戦っていきたいと思っているはずです。残すほんの少数の部員には、他の四年生や部長、コーチとともに十分に説得し、皆がひとつになって戦えるよう、うまくまとめていきたいと思います。そして今後のチームの躍進をもって、横井様には恩返しをさせて頂きたいと思っております。本当にありがとうございました。今後とも我々を見守って頂きますようお願い致します。横井様も多忙の身とは存じますが、どうか、お身体にはお気を付けて、今後の日本ラグビーの発展に向け、ご活躍下さい>

1時間30分程度しか、時間がなかったチーム、、、
<U君:先日はありがとうございました。1年ぶりに横井さんのお話を聞いて、改めて深くうなずく場面ばかりでした。1年経つと色々忘れてしまい、自分が去年メモしたことを、横井さんに質問していたのは、傑作でした。(苦笑)
人間、意識はどうしても薄れてしまうと、実感した次第です。
最も心に響いたのは「ラグビーを難しくしていませんか?」との問いでした。
アタックに関しては、どうしても、いろいろなことをやってしまいたくなり、選手だけじゃなく、指導者としても、その方向に、陥りがちです。結局は、複雑な
プレーがミスを招き、自滅パターンから負けてしまう。
これから本格的にシーズンが始まりますが、やることをシンプルにし、それを実践、検証、修正をかけていきます。ブログ楽しみにしております。またお会いできる日を、楽しみにしております

こんな感想の中にも、考えねばならぬ「ヒント」が、いっぱい詰まっているのですよー、、、
  
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
②:帰ってきて、、、
NEW Topics
⑦:アタックについて
⑥:アタックについて
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR