2012. 06. 12  
さて、練習の考え方で、指導者が一番やってはならないことは、プレーヤーに「悪い癖」のつく練習をさせることである。というのは、一旦悪い癖がつくと、それを修正するのは大変であり、特に幼少期に本能的にやってしまうことが習慣化すると、直すのはほとんど難しいということになってしまう。

そこで、私が提唱しているのが、「ア、シ、カ、コ」を、プレーヤー同士で指摘しあい、自分自身で守らせようというものである。このことは、もう何度もこのブログに書いているが、本当に重要であり、先日フランスに勝った「高校日本代表の選手達」にも、良い習慣として根付かせようとしたものであるので、今一度、書いておこう。

①ア:歩かない⇒練習中歩かない、一つのプレー練習が終わって次に移る時もジョグでやるなど⇒この癖付けが、ゲームテンポ上げる
(今回、ルール改正試行が検討されている「ラック5秒ルール」、「トライの後
90秒までのゲーム開始」などは、以前から指摘しているところである)

②シ:姿勢低く⇒タックルは低く肩でいく、スクラムは低く組むなどは基本中の基本であり、姿勢はアップの時であろうが、いつでも100%できる⇒
これができることにより、コンタクトの時に全身の力が利用でき、コンタクト力が飛躍的に伸びる

③カ:片手にならない⇒DFが前にいる限り、ボールを片手で持たない、必ず両手で持ってプレーする⇒日本人では究極のコンタクト時に片手では保持できない、また片手になった瞬間、プレーを放棄したことになり、いずれにしても確実なプレーできない

④コ:を出す⇒「意志の声、指示の声」など、必要な声を、 適切な時に、大声で味方に通じるようにする⇒これが、チームとして「意図のある攻守」を遂行できるための必須な条件である

というように「良い癖」を、「初めはやらねばならないと考えてやる段階」から、「もう身体が自然とそのように動く⇒習慣化」できるようにしたいもので
ある。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑨:練習の考え方
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
はじめまして。小樽商科大学OBの者です。現役生らが大変お世話になっております。
今は小金井ラグビースクールにて小中学生のコーチとしてラグビーを楽しんでおります。

この「アシカコ」。基本中の基本ですね。今後指導の中で徹底させたいです。
全て大事ですが、特にうちのチームでは、「カコ」に注力してます。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR