2012. 06. 18  
パシフィックネーションズカップ、ジャパン最終戦対サモア戦で、ジャパンのバックスが私の推奨する「外ループ」で二つトライをとり、他の二つも私が奨める狭いライン間隔素早くボール動かすというアタックで、計4つのトライをとり、26-27と負けたが、素晴らしいゲームをやってくれた。
この外ループについては、2年前の「20101117日」のブログででも、以下のような歴史的な出来事として紹介したので、再度載せておこう。

<2010.11,17の記事:イヤー遂に出来ました、私が開発した「究極接近外ループ」。現役を33歳で終わり、26年間も現場から離れていた私が、「自分が出来たことが消えて行く」との危機感から、10年前に現場に戻って、なんとか再現してくれないかと、指導を続け、待ち望んだ瞬間だった。「接近プレーの一つ・外ループ」を、やはり私の言うとおりに再現しようとして、練習をやり続けてくれた「東大院生・作山1CTB→1年生・川島SO」が成し遂げてくれたのである。「あぁ、現場に戻った甲斐があったと、、、」送られてきた映像を見て、が止まらなかったのである。例によって、ビデオを
写した拙い写真で、わかりにくいと思うが、この興奮で手も震えた私に免じて
雰囲気だけでも感じてもらえば、幸いであります。ということで、この写真は、「私にとっての歴史的な写真」なのであります。(今回、写真は省略)

ということで、現場に復帰して12年、ようやくジャパンが、こんなことが出来たのは、本当に感無量である。ただ、それが出来たCTBがニコラスであったのが、やや物足りなく、日本人選手、頑張れと言いたいところ、、、

要するに問題はボール動かせ方なのである。是非とも、皆さん方に参考にして頂きたいとともに、今後ジャパンの日本人選手に、大いに期待したいものである。

       
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
変なコメント
NEW Topics
㊻:ラグビージャパンの足跡
㊺:ラグビージャパンの足跡
さらに、コメントあり
㊙コメントあり
㊹:ラグビージャパンの足跡
Comment
ジャパンでも出来た?出来て当たり前のスキルだし日本でTOPチームがこんなの出来ただけで何を言ってるんですか?
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR