2012. 07. 24  
もう、ブログ休みと言っていたが、朝の新聞に、嬉しいニュースが入っていたので、追加します。

それは、オリンピック競技から外れた「女子ソフトボール」の世界選手権で、以前、このブログでも取り上げた「毎日8時間練習の上野由岐子」が踏ん張って、決勝トーナメントから、3日間で4連投32イニングを投げきって、準決勝で一度負けたアメリカに、敗者復活戦から勝ち上がって、再度挑戦、延長10回2-1で競り勝ち、1970年以来42年ぶりに優勝したのである。

4年前の「北京オリンピック金メダル」と同様、いやそれより一層、一度世界勝ってからの「今回優勝」は、本当に「すごい」と言うほかない。ただ上野選手だけじゃなく、延長10回スクイズという日本らしい緻密な野球で決着をつけた、監督以下、他の選手の働きにも、大いに祝福したいもの。そして、「日本女子ソフト健在なり」を改めてアッピールしたのであった。

今回、ロンドンオリンピックへ出場の選手達にも「努力裏切らない」ということでの「励み」になると思われる。
但し、努力してなかったら、逆に「プッレッシャー」になるけど、、、(


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
帰ってきました
NEW Topics
⑧:ゲームに勝つには、、、
②:日本代表の戦い方?
日本代表の戦い方?
⑦:ゲームに勝つには、、、
⑥:ゲームに勝つには、、、
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR