2012. 09. 21  
この夏の行脚が、長距離に及んだのは、その一部で「東北への行程」があったからである。私事になるが以前にも書いたように、娘が震災直後からボランティア活動で現地に入っているうちに、逆に地元の方に大変気に入って頂き、遂には家を借りて居ついてしまったことに関し、お世話になっている方々に、御礼を言いたくて、立ち寄ったものである。
お世話になったのは、被害が酷かったところの一つ、「石巻渡波地区」の方々で、当時のお話を現地でお聞きし、本当に想像だにしなかったことが起きたのだということ、またご本人、およびご家族の方々に、大変な災いがふりかかったのだという状況は理解できたのだが、そのことに関して、何もできない自分、また言葉をお掛けするのも憚られる自分、ただ呆然として立ち尽くすのみの自分がいるだけで、私にとっては「もっとも重い現場」であった。
そんなことで、私には、見聞きしたことを、いまだに軽々しく書くなんてことも出来ず、ただただ被災地の皆さんが、今後の復興に向け、力強く歩まれることを、祈念するばかりであります。



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
真似をしてよいプレーとは?
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR