2012. 10. 04  
私が三菱自工京都でプレーして、全国社会人大会に優勝した時のSH・I君から、懐かしいメールが来た。

<I君:横井さん、Iです、ご無沙汰しています。ブログも拝見させていただいています。現在、京都府立O高校ラグビー部のコーチをしています。今年の
4月に、担当の先生が転勤されましたので、現場をみているのは、私ひとり
です。実は、現在行われています、全国大会の予選ブロックで、チームは
先週H高、今週D高を完封して、決勝トーナメントへ進むことができました。
今年の3年生は15人いて、彼らが1年生の時から「自工京都で教わったこと学んだこと」を、なんとかチームに浸透させ、結果が残せたと思っています。
特に、思い出すことは、私が「相手の出足を止めるには、どうしたらいいのですか」と質問した時に、横井さんが、「相手の出足を止めるには、こっちが前に出ていくこと」というような、パラドックスとも思える回答をされたことを、ずっと覚えていて、今そのことに、あらためて納得しています。
その「教え」を忠実にやってきて、なんとか攻守ともに、前へ出るラグビーが出来てきました。元々、選手は高校へ入ってから、ラグビーを始めたものばかりですので、まだまだへたくそですが、ディフェンス、タックルはだいぶん出来てきたかなと、自負しています。ベスト8進出をかけた戦いは10月20日で、相手はまだ決まっていません。全国レベルには、ほど遠いチームですが、とりあえず、京都府の決勝トーナメントへ進めたことが嬉しくて、報告させていただきました

横井注:以前ブログでも書いたが、現在サッカーの浦和レッズの社長をしている・橋本光夫君(三菱自工で高卒で常務になった稀有人物・クレーム問題発生時に「敵が出てきたら、こっちも前へ出ろ」という私の教えを守り、修羅場での真摯対応で認められた)とハーフ団を組んでいたSHが、I君である。彼も「この言葉」を覚えてくれていたということであり、嬉しいことである。

人々には、それぞれ「人生岐路に立った時、ハッと思いだす言葉」があったことと思う。ラグビーというスポーツは「その一瞬一瞬の修羅場を、自分で状況判断し、その場に合った的確な選択肢を、即実行出来る」訓練を、毎ゲーム実践しているのであり、「人生を生きる」という訓練を、いつもやっているようなものであって、ラグビー一流選手は「人生でも一流になる」所以であり、大変素晴らしいスポーツなのである。

だから、指導者の皆さん、「プレーヤーの心に響くフレーズ」を考えるのも、重要なことであり、これも日頃から、あらゆる方面の勉強をして、幅広く考える訓練をしておくことが肝要ですぞ。

明日は、ちょっと、その例をあげてみようかな、、、(



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
①:心に響いた言葉
NEW Topics
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
②:アタックについて
コメント:③
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 私の場合・・・
コメントありがとう。文治の「突いて→放す」というのは、「ディフェンスに仕掛ける、或いはスペースをつき、こちらを向かせて、味方にパスを放る」ということですか?先日、ソニー・ビルの話の時に書いた、「ズラセてパス」と一緒のことですよねー。なお、このコメントをブログに書いて、よろしいかな?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
ブログで、回答しましょう、、、
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR