2012. 10. 17  
今日は「決まった道はない、ただ行き先があるだけだ」という言葉について言おう。これは、北海道に赴任した、ある野生動物の獣医が「野生の大鷲」の絶滅を防ごうと奮闘した時の話。

彼は赴任してすぐに、大鷲が死んでいく原因が、ハンターが鉛の弾丸を使って鹿を倒し、その肉をついばんだ鷲が鉛中毒で死ぬのを突き止めた。
そこで、ハンター鉛玉を使うのをやめるよう呼びかけたが、ハンターには有利な安い鉛玉を使うのを、やめてくれなかった。そうしたある日、ロシアのサハリンに野生動物の生態研究に行ってタクシーに乗った時、あまりのひどい道に車輪が埋まり、自分も手伝って抜け出すなどの難行となり、運転手に「大変だね、いつもこうなの?」と声をかけた時、運転手が「いつもこんなものさ、どこへ行くにも決まった道はない、ただ行き先があるだけだよ」と言ったというのである。

その時、獣医はハッと気付いた「鉛玉の使用禁止を呼び掛けるのに、自分は何が出来るか、考えたのか?」「行き先はある、そこに行きつく手だては、本当にないのか?道はつくれないのか?」と、そして、日本に帰った彼は、鉛中毒の実態をスライドにして、北海道の学校をめぐり、「鉛玉の使用禁止を訴える講演」をして回ったのである。

すると、ある時見知らぬハンターから「この間、息子に『まさか、お父ちゃんは鉛玉使ってないよね』と言われて、使うのをやめたよ」と言ってくれたのである。その後「鉛玉使用禁止の規則」もできたという。

これも、ラグビーで言えば、「チームが勝ちにいくには、決まった道はない。ただ『勝つ』という目標があるだけで、道は自分でつくるものだ。だからみんなで考えよう」とは言えないだろうか?

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑤:心に響いた言葉
NEW Topics
②:現ジャパンのテストマッチ
現ジャパンのテストマッチ
ブログ拍手
㊻:ラグビージャパンの足跡
㊺:ラグビージャパンの足跡
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR