2012. 10. 18  
今日は、有名人をも含め、自分の「座右の銘」にしている「言葉」について、書いてみよう。誰のものかは、想像して下さい、、、

型破りな演技は、を知らずには出来ない。型を知らずにやるのは、
型なし』というのである」・・・ある歌舞伎俳優

ラグビーでは最近、なんの考えも無しに、なんでもかんでも展開するのは、
この「型なし」のたぐいでは、なかろうか?

は変えられないが、自分変われる」・・・絵画修復師

チーム変えるには、チームの人間関係、雰囲気を変えるには、自分から
変わっていかねばならないのでは、、、

「どうにかなることは、どうにかなる。どうにもならんことは、どうにもならん」・・・アニメのプロデューサー

これには続きがあって「犬が西向きゃ、尾はより年上じゃ」と言う。要は「ありのままを受け入れろ」ということ。
ラグビーで言えば、現状をよく認識して、「自チームが出来ることで、ゲーム組み立てろ」ということではなかろうか?

「人生は一本の線ではない、一日という点が連続して、一本の線になる」・・・樹木の医師

一日一日出来ることを積み上げる、一日一日最善を尽くす、 そのことで、結果成果がついてくるということではなかろうか?


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑥:心に響いた言葉
NEW Topics
素晴らしい日本
⑦:BKの基礎スキル
⑥:BKの基礎スキル
⑤:BKの基礎スキル
④:BKの基礎スキル
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR