2012. 10. 19  
さらに続けよう、、、今日は、リンカーンが言った言葉「自分の場所に誇りを持つ人間好きだ」というもの。

これは、ある建築家が、アメリカに留学した頃に聞き、なんとなく気になっていた言葉だという。そして帰国後は、バブル真っただ中、設計の注文がワンサカ来て、自分だけの考えで斬新な建物を造って得意になっていたが、景観を壊すとの批判も受け、さらにバブル崩壊で、ピタッと注文が途絶えた。
一年以上も注文がなく、何をしていいのか悩み続けた日々を送っている時、ある田舎町から、その地域で「みんな集まれる建物」を造ってほしいとの依頼を受けた。少しは反省し、顧客の要望を聞くようにはなっていた彼が、話を聞いて回ると、その地域の人がみんな口々に、「故郷の杉林と、きれいに連なる棚田」を自慢した。

そこで、ハタと、思い出したのが「自分の場所に誇りを持つ人間が好きだ」という言葉だったのである。そして、「その住民の思いを、どのような形で表してあげればよいか」と、必死に考え、杉の素材をふんだんに使い、棚田の情景を模した池を配した、素晴らしい建物を造り上げ、その地域の人々自慢の癒し場所となるものを、提供できたのである。
彼は、ようやく「建築で大事なのは、誰と仕事が出来るのかであり、その人間との絆である」と感じ入るとともに、まさに「自分の場所(広い意味では、よって立つところ?)に誇りを持つ人間」の意味が、わかるような気になったのである。

ラグビーで言えば、外国ラグビーの真似ばかりをして、自国のラグビーを、自虐的にまでさげすむ日本人プレーヤーに、(この考え方は、ラグビーのみならず、あらゆる面で自虐的にまで自国をさげすむ日本人に、その傾向があるのは、困ったものであるが、、、)早く日本オリジナルなラグビーの創造を成し遂げて、そのラグビーに誇りを持ってほしいものであると、 思ってしまうのは、私だけだろうか?


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑦:心に響いた言葉
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR