2012. 11. 27  
ブログは、個人的に書くもので、ことわる必要もないと思うのだが、やはり自分のことを書くのは、気がひけるような気がするものである。
その割には、自慢ばかり書いているやないか、とも怒られそうだが、、、と、
ことわっておいて、、、(

私は「スポーツは、自分がやるもの」という考え方があり、それもあって現役をやめた後、26年もラグビーをほとんど見もしなかったということが出来たのだと思うが、現場に戻ってからの持論としては、「ラグビーは、心と体の全知全脳駆使してやるものだから、あらゆるスポーツが参考になる、特に、
世界一流のもの』は、どこかに重要なヒントとなるものがあるので、観察するべきである」と言っている。

また「勝負事」に関しても、私がやるものは「自分の力量でやるもの」或いは
人間との駆け引きをするもの」という観点があるので、「自分がやらないで、馬や機械や他人に賭けるもの」は、 一切したことがないというか、 興味がないのであった。
しかし、最近の若いプレーヤーのゲーム機はいじるが「人間との駆け引きをする気があるのかなー」という感じもあるので、これも勉強のため『世界一流の賭けごと』には、少しは関心も持っておくかということで、広く観察することを心がけている。

えらい、前置きばかりが長くなったが、最近、ちょっと気になったのは、「競馬のジャパンカップ」である。
その先は、また明日、、、なんや、前置きだけで終わりカイ



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
②:勝負事
NEW Topics
⑦:アタックについて
⑥:アタックについて
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR