2012. 12. 13  
あのタックル名人・元三菱自工京都のT君から、見事なりんごの数々が、
手紙とともに送られてきた。武骨な男だったのに、最近になってから、心を込めて創り始めたりんごに対する・愛情いっぱいの文章が、達筆な文字で縷々綴られており、「あいつ、こんなに字がうまかったっけ?」と、びっくりしながらも、大感激

彼らとともに、関西社会人リーグのBブロックだった「三菱自工京都」を年かけて「社会人日本一」に育て上げ、世界に誇れる「シャローディフェンスと接近アタックを実現したチーム」の楽しかった日々が、思い起こされたものであった。

横井さんへ、ご無沙汰しております。ようやく、お礼のりんごを贈れる日がきました。今年のりんごは総じて、高温、乾燥期が長く続いた為、玉は大きくなりましたが、着色は今一、密状態は例年クラス(バラツキあり)、硬度は低く、軟らかい、、、といった感じです。この経験を活かし、顧客に喜んで戴けるりんごつくりに励みます。
横井さんも、指導されているチームが全国大会出場減と、がっかりしている文面(ブログ)でした。我がりんごを食べ、元気を出して戴ければ幸いです。
梱包しているりんごの種類は5種類です。
1、サンふじ:①三島系、②高橋系、③紅ふじ
2、シナノゴールド:シャキシャキ感があり、最近人気です
3、金星:独特な甘さと香りがあります
関西も、今年は寒さが続いている様子、お身体に気をつけて、お過ごしください。資料の送付、ご指導のお礼です。T>

イヤー、本当に心のこもった贈り物、ありがとう。元気を戴きました。彼も、
りんごつくりの合間に出身高校ラグビーのアドバイスをしており、残念ながら今年は花園連続出場ならずとのことだった、来年以降の健闘を祈っている。
また、最近80歳を超えるお婆ちゃんが、趣味で創っていた「おはぎ」の味が大評判で、ついには店を出したという話を聞いた。「モノ創り喜んでもらえる」ことほど、素晴らしいことはないのではないか。
スポーツで、傑出したチームを創ることも、「モノ創り」の一つ、あらゆることを乗り越えて、「創る喜び」というものを、本当に楽しみたいものである。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
②:インターネット接続不調
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR