2012. 12. 18  
ラグビー大学選手権セカンドステージで、各プールの順位が、見え始めてきている。プールでは、筑波大が準決勝・国立進出を決め、プールでは、早稲田大が有利、プールでは、 23日の東海大明治大戦の結果待ち、プールDでも帝京大立命大の決戦となっている。
 
これらは、私が意図をもって実践して来たごとく、40数校の高校チームにアドバイスして、それらの卒業生を多くの大学に送り込み大学レベルでも、ただ一校が強ければ良いというのじゃなくて、10数校の弱かった大学にアドバイスして、ラグビーというものは、まず「厳しい練習で、本当に100%以上の力で身体をぶつけられるよう鍛える必要がある」、「ラグビーをやるのに必要な基本スキルを、きっちり身につけさせなければならない」 そして、 「それらを駆使して、切磋琢磨させられる環境のもとで、お互いのレベル上げさせねばならない」と、現場復帰してから10年以上かけて説いてきた
ことが、ようやく実現出来そうになって来た、という段階ではなかろうか?

今後さらには、各チームとも特徴のあった、しかし失ってしまった「伝統」を、再度構築し直して、各チームが個性のあるチームとして蘇り、「虚々実々の駆け引き」を、堪能出来得るようなチームに、育ってもらいたいものであり、これら「大学レベルの伸長」が、「日本代表の強さの基盤つくり」にまで、良い影響を与えられるよう、頑張ってもらいたいものである。



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
トリックプレー
NEW Topics
素晴らしい日本
⑦:BKの基礎スキル
⑥:BKの基礎スキル
⑤:BKの基礎スキル
④:BKの基礎スキル
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR