2012. 12. 27  
先日、日本を訪問したパナマ大統領の尖閣問題に関しての日本寄りともとられる発言が、自国で話題になったということがあったらしい。

パナマは人口340万人という小さな国、だいぶん昔に日本近海でパナマの船が難破した時に、日本人が多数のパナマ人を救出したことに恩義を感じ、また日本がパナマ運河の建設にも関与し、その後の利用で、また日本の船の7割がパナマ船籍として多くの税金を払っており、現在パナマ運河の拡張工事にも700億円を融資するなど、「パナマ国民の心は、日本の人とともにあります」というほど大変な親日家が多い国で、世界には、このような国も多いのである。

ある調査でも、世界に良い影響を与えているとして「日本」および「日本国民」の評判は、すこぶる良いのである。しかるに、 自国での評価は低く、やはり日本人は、自虐的な傾向があるらしい。

来年は、各国のリーダー交代が終わり、比較的平穏な世界が訪れるという予測がなされているという。
今一度、「日本の良さ」「日本人の良さ」について、もっと「自信」を持とうではないか、そして、どんどん世界に、その素晴らしさを発揮していってもらいたいものである。



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
今年頑張った若者?
NEW Topics
⑧:ゲームに勝つには、、、
②:日本代表の戦い方?
日本代表の戦い方?
⑦:ゲームに勝つには、、、
⑥:ゲームに勝つには、、、
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR