2013. 01. 08  
全国高校ラグビー決勝戦、イヤー、本当に期待にたがわず、素晴らしい
ゲームをやってくれました。
特に、敗れたりといえど、あの準決勝で57点を入れた常翔の猛攻を、3トライに抑えきった御所実ディフェンスは(最初5分までの2トライは、ゲームの入りの間違いで献上しちやったもので、ちゃんと機能しておれば、実質は最後のトライに抑えられた?)、見ていて涙が出るほどの、素晴らしく美しいものであった。

2008年の準決勝戦・御所実3-0京都成章2012年の準々決勝戦・御所実77京都成章(抽選で御所実が次試合に進む)の、ディフェンスゲームとともに、未来永劫とも語り継がれる素晴らしいゲームであったと、大絶賛したいものである。

これらのゲームは、身体および身体能力に差があるチーム(たとえば、日本代表チームも含み)が、難敵に向かう時には、「まず組織前へ出るディフェンスでロースコアに抑え込み、それを上回る点数を立体化した効率の良いアタックであげるという『ゲーム創りの方策』を、目指すべきであると示唆したもの」とは、言えないだろうか。

こういうゲームを出来るように、生徒たちを鍛え上げた、そして、その目指すべき方向を示してくれた、現場指導者の皆さんに、お礼を言いたい気持ちでいっぱいであり、特に御所実竹田監督、中瀬古コーチおよびスタッフ、また生徒の保護者方々が、自チームだけじゃなく、広く多くのチームにも集まってもらい、お世話願って、このような素晴らしいラグビーを啓蒙していってもらっている、あくなき努力には、頭が下がる思いでいっぱいであります。
本当に、ありがとうございました。

来年こそ、私が推奨するラグビーに賛同頂けるチームが、頂点を極めてくれるものと期待して、さらなる努力を重ねたいと、決意するものであります。



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑤高校ラグビー
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR