2013. 02. 07  
昨日、私の長兄「横井一」の「天満サブ化工株式会社、横井家合同葬儀」が、行われ、参列してきました。

サブ」というのは、ゴム配合剤のひとつで、これを添加するとゴム配合物のベタツキを防ぎゴムの加工がしやすくなるもので、自動車部品などいろいろなゴム工業品、またクリーニング効果もあって、 消しゴムや他のクリーナーの配合剤として使われている。但し、日本国内でサブを製造しているのは当社の他には関東に一カ所しかなく、また世界でも稀な工場だが、従業員は10数人というニッチ産業であって、昭和10年に、横井一会長の父親であった横井清一が、天満サブス工場として創立、二代目として横井一が引き継ぎ、平成3年に現在の兵庫県福住町に約5,000坪の工場用地を取得、兵庫工場を立ち上げるとともに、数年前に三代目の横井理社長に引き継いだもの。

」は、私より13歳も年上の84歳(ちなみに私は、兄が人、姉が人の人兄姉の末っ子)で、このニッチの天満サブ化工を隆盛に存続させ、年下の方が皆それぞれの現役を退いたのに、生涯現役で本当に元気溌剌で頑張ってくれておって「やっぱり現役は、気が張っていて、一番長生きするのと違うか」と話していたほどだったが、昨年中に病を得て、順番どおりに逝ってしまった。

葬儀は、一の長男・社長、そして長女の晶子がとり仕切ってくれて、本当に盛大に行われ「」本人もさぞ満足していることだろうと察せられ、また今後の「天満サブ」の承継、存続についても任せておいて大丈夫と、本当に安心させられる一日であった。本当にありがとうご苦労さんでした。



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑭:心と体の鍛え方
NEW Topics
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
南ア戦、2015年に訂正
「昨今のラグビー論議?」
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR