2013. 02. 14  
先の日の私の記事で、シックスネーションズのゲームを見ての感想と、国代表の「勝ちに行くゲーム」は、参考にすべしと書いておいたが、先週末もまた、ゲームの展開で興味あることがあった。

すなわち、前週に格上のフランスに勝って意気揚々のイタリアと、 前週イングランドに負けたスコットランドは、ITA10―34SCOと、意外と差がついてスコットランドが勝利。
また、前週ともに負けたフランスウェールズは、ここで負ければ優勝はなくなると、双方必死の大接戦の末、FRA6-16WALと、 僅差でウェールズが勝利した。
さらには、前週は勝ったものどうしであったイングランドアイルランドは、
ENG16―6IREと、イングランドの勝利。

さて、それぞれのゲームを見て、どのように感じたか、各人各様の感想があると思われるが、良ければコメントしておいてもらえば、それと対比して私の感想も書きやすいので、ご協力方お願いします。
(例によって、マル秘コメントで「名前ラグビー歴、所属チームの指導者プレーヤーか」などを明確記載の上、送って下さい)




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑰:心と体の鍛え方
NEW Topics
㊻:ラグビージャパンの足跡
㊺:ラグビージャパンの足跡
さらに、コメントあり
㊙コメントあり
㊹:ラグビージャパンの足跡
Comment
ミシャラック選手はフランスの失敗?
こんにちは、フランス代表のファンですが、二つの試合をみた、本当に11月の試合を比べて、フランスのレベルは全然違うと思います。

その上選手はクラブと良い試合したのに、代表と全然良くないでした。特にミシャラック選手:キックが悪かった、オフェンスのセンスがなくなりそう・・・同じのミシャラック選手だったかと思いました!
疲れるかな?これ(http://furansurugby.wordpress.com/)を読んだので、そうだと思います。横井さんはフランス代表の問題が何ですか?
Re: ミシャラック選手はフランスの失敗?
マニュアックな見方は苦手なので、パス。悪しからず、、、
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR