2013. 02. 18  
なお、先週コメントに関し、折角書いてくれた「前へ出るディフェンス」のメリットデメリットについて言うと、メリットは説明のとおりで、そのままOK
デメリットについては、若干補足する必要がありそうである。

・前に出る分、敵との接近が早いので、ワンフェイントで抜かれるリスクが
大きい(味方同士のタイミングがずれるとギャップが出来易い)
→補足:初めは抜かれてもよいから、 前へ出てタックルをやっている内に、 左右への対応能力が上がり、味方同士のギャップもなく出れるようになる、
やらなければ能力伸ばせない。またバッキングアップのプレーヤーをつくり、カバーすることを考えれば、問題ないのでは、、、

・BKの後ろ3人との連携がずれると、キックスペースが出来てしまう
→補足:敢えて、キックスペースをつくって、 蹴らす方が、ボールの保有は、 こちらに来るので、カウンターを仕掛けられるという考え方でやればよいの
では、、、

・待って止めた場合に比べて、激しいコンタクトを要求される
→補足:前へ出るディフェンスでは当然肩でタックルすることは必須、だから前に出て 、敵がパスを受けるタイミングに敵の腹に入れば、こちらはスピードが出ていて強く、痛くも痒くもないのでは、、、

・何度も前に出て下がってを繰り返すので、非常に体力が要求される
→補足: 第一次で前へ出て前で倒せば、第二次以降も前へ出れる、下がる必要などないのでは、、、待ちディフェンスの方が、結局は差し込まれ何度も下がらなければならないのでは、、、

・フォローディフェンスが見るスペースが増える
→補足:これも前項と同じで、第一次で前へ出れば2CTBまででとまり、二次以降はディフェンス人員が増えるのだから、待ちディフェンスより見なければならない幅は狭められる筈では、、、

以上、デメリットを探すのじゃなく、デメリットと思われることを、視点を変えれば良い方向に持っていけないか、あるいは、それを逆に駆け引きに使って、敵をそこに導いて行く、などと考えれば良いのではないか、、、

要するに、しばらく練習やったのちに、自チームと同等の敵とやってみれば、その有効性にびっくりする筈である。とにかく、やってみないと、 その良さをプレーヤーに感じさせることができない。それを感じさせて、プレーヤーにやってみようかなと思わせるような練習方法を考え出すのが、重要なのではないだろうか?



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
コメント本人の補足
NEW Topics
②:現ジャパンのテストマッチ
現ジャパンのテストマッチ
ブログ拍手
㊻:ラグビージャパンの足跡
㊺:ラグビージャパンの足跡
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR