2013. 03. 19  
先週末の最終節で、グランドスラム(全勝優勝)のかかったイングランドと、敗ながらこの一戦に勝てば逆転優勝となるウェールズとの戦いは、前半WAL9-3ENGとPG合戦でWALリード。

後半に入ってすぐWALがPGを追加して12-3、そしてターニングポイントになったのが、56ENGが攻めているところでラックサイドにボールをこぼすミス、それを拾ったWALトライで、17-3

そして1PG追加後の65分、またもやENG攻撃の途中でターンオーバーされ、WALうまくつないでトライ。この二つの「14点差トライ」で意外に差がつき、結局WAL30-3ENGと大差で、ウェールズが昨年に続いて2連覇

この2連覇は、1978年のマーティン・デービス主将(1973年、私が全日本遠征当時にも戦った、懐かしいね、、、)以来35年ぶりの快挙となった。

私が思うウェールズの勝因は、まずスクラムの優位、ディフェンスの完遂で逆にトライチャンスを造出、攻撃は割合フラット気味にボールを動かしたなどか?
逆に、イングランドの敗因は、攻撃の精度悪く、結局自滅したことか?

これで、今年度のシックスネーションズは終了したが、フランス、アイルランドに勝ったイタリア健闘が、良い刺激になったのではなかろうか?




関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
WBCに学ぶ、、、
NEW Topics
サッカー勝った
大阪北部地震
⑧:ゲームに勝つには、、、
②:日本代表の戦い方?
日本代表の戦い方?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR